長野県で断熱,太陽光,温水ヒーターなど太陽熱利用の工事なら信越ビー・アイ・ビー株式会社にお任せください。

サッシ

軽井沢の由緒ある旧別荘をレストランにリノベーション。 「シャノン」樹脂サッシと木製サッシ「エリートフェンスター」を採用。

画像をクリックすると拡大します

住宅の断熱性を上げるには、壁と窓の強化が効果的です。
壁は、断熱材の厚さを増したりと行われてますが、窓には壁ほど気が配られていません。
四季を通して快適に暮らすには、窓の性能を高め、寒暖の影響を最小限に抑えることが重要です。

  冬期に窓から逃げる室内の熱は約半分、夏季は約70%もの熱が室内へと入ってきます。

このことから窓の性能によって住宅の快適性が大きく左右されることがわかります。
窓の断熱を高めれば部屋も快適な温度を保ち、冷暖房費の節約が可能です。

  「窓」選びのポイント

窓はガラスとフレームとで構成されています。
両方共断熱性・遮熱性の高い材料を選ばなくてないけません。

   ガラス  …2枚の板ガラスの間に乾燥した空気や断熱性能を高めるアルゴンガス等を投入した複層ガラス。
           更にガラスの内側に熱を反射する特殊金属膜コーティングされたLow-E複合ガラスがあります。

   フレーム…樹脂や木材が最適です。
           樹脂はアルミの約1000分の1の熱伝導率、木材はアルミの約1500分の1の熱伝導率しかありませんので、
          断熱性は飛躍的に高まります。

トリプルシャイン 三層ガラス樹脂窓

 

 トップクラスの断熱性能を有する三層ガラス樹脂サッシで、住宅のさらなる高気密高断熱化の切り札として最適です。

画像をクリックすると拡大します

 

 樹脂製フレーム+三層ガラスによって、従来の複層ガラスLow-Eアルゴンガスが有していたU値=1.5W/m2Kを上回るU値=1.23W/m2Kを実現しました。

 室外側および室内側ガラスにはLow-Eガラスを使用し、夏には日射熱を抑えるとともに紫外線を防ぎ冬には室内の暖房熱が逃げるのを防ぎます。

 ガラス間には熱伝導率が低いアルゴンガスが封入されています。

豊富なバリエーション

 どんなに高性能なサッシでも対応できる場所が限られては使いづらいもの。

 トリプルシャインは引違い窓を始めとして、縦・横辷り出し窓、ドレーキップ窓、パネルドア窓パネルドア等、バリエーションを豊富に取り揃え、住まいづくりの様々な御要望にお応えします。

 

 

 

画像をクリックすると拡大します

メンテナンス性の容易さ

  トリプルシャインは樹脂製。
  腐食の心配や塗料等を行う手間もありません。

  高性能で手間いらず、マイホーム・オーナーも心強いサッシです。

エリートフェンスター 木製三層ガラス窓

 スーパーエナジーガラスとは、室内側にアルゴンガラス層、外側の空気層に乾燥空気を封入したガラスです。

 室内側のLow-Eガラスは、赤外線からの熱エネルギーを吸収し、再放射する率を低くします。
すなわち熱を通しにくく、遮熱性・断熱性が高いガラスです。

Super Energy 1.25 スーパーエナジー1.25

 エリートフェンスターの中で1番人気の窓タイプです。

 本木製窓は防腐剤を加圧注入されたスウェーデンパインの集成材を使用して製造されております。

 高品質による塗装仕上げ、スーパーエナジーガラスの採用により、U値1.25W/m2Kとなります。

【一部国内在庫】

画像をクリックすると拡大します

Super Energy Plus 1.04 スーパーエナジープラス1.04

 Energy1.25がさらに高性能なタイプです。

 ガラスにはスーパーエナジープラス(ダブルLow−E、ダブルアルゴンガラス)を採用し、U値1.04W/m2Kを実現しました

ダブルLow−E仕様ながら、日射侵入率は51%、可視光透過率72%のため、冬場のチア要綱もうまく取り込む事ができます。

【一部国内在庫】

画像をクリックすると拡大します

Extreme 0.9 エクストリーム 0.9

 最上級シリーズです。

 外部にはアルミクラッドが取り付けられ、U値は値0.9W/m2Kとなります。

外側のガラスには特殊コーティング(バイオクリーンガラス)が施され、汚れが付着しにくい加工となっております。その上、太陽光から守るガラスを用いており、太陽光による室内温度変化が減ります。

夏場のオーバーヒート軽減に効果が期待できます。

海外特注品】

画像をクリックすると拡大します

信越ビー・アイ・ビー株式会社へのお問い合わせはこちらから