ペイントデコラティブアートなら、群馬県高崎市の木暮塗装。

デコラティブペイント

デコラティブペイントついて

ヨーロッパ王室の室内装飾画として始まったという、『デコレイティブペイント=装飾塗装』はすでに数百年の歴史があります。アメリカやオーストラリアにも移民によって広まり各国で独自の技術が展開してます。画家が独自の創意工夫で絵の具を調合し自由に絵を描く表現方法を基に、壁画や物に『模擬模様』を描き出す技法です。一般的な塗装作業の際に要求される塗料の仕上り性能の条件には隠蔽力・乾燥性・流動性(レべリング)の良さ等が挙げられます。デコレイティブペイントの塗装作業は塗装面の均一性はそれほど要求されません。『塗る』というより、『描く』と言った言葉がふさわしいと思います。

日本でも西洋式の建物が増え壁画が多くなりました。デコレイティブペイントは『だまし絵』であり、実に遊び心にあふれています。木や石の模様を描くだけでなく、壁に直接額縁や名画の模写を描く、ステンシルという装飾法で花や葉の模写を描きます。部屋の模様替えをしたければ、また書き換えればいいのです。

弊社は県内はもちろん全国各地をデコレイティブペイントの技術指導に歩き、テキストも研究を重ねて自前で作成しています。埼玉県にある『ものづくり大学』では講師を務めています。最近では、テーマパークやホテル、オフィスビル、洋風住宅などの壁や天井、柱などで施工し、雑誌や新聞、テレビなどで、反響を呼んでおります。

用途 住宅(洋風建築・和風建築)、マンション、オフィスビル(事務所・店舗・レストランなど)、医療機関、学校、保育園、老人福祉機関、ホテル、その他公共施設等内部(新設、及びリフォーム・リニューアル)
適用部位 内壁、及び天井
適用素地 コンクリート、石膏ボード、ビニールクロス

様々なデコレイティブペイント

室内装飾画

模様塗装

装飾

お問い合わせ